理想的なあごのラインを作る顎整形とは

理想的なあごのラインを作りたいという事で、顎整形に憧れる人もいますよね。どうしても日本人は骨格的にあごが引っ込んでしまいがちです。ですが、整形手術を行う事で、理想的なあごのラインを手に入れることが出来ます。そこでおすすめする手術が、シリコンプロテーゼです。シリコンプロテーゼは、半永久的な効果をのぞむ事が出来ますので、一度手術をすれば、一生涯理想のあごを手に入れることが出来ちゃいます。また、手術時間もわずか30分程度と、大掛かりな手術だというのが嬉しいですよね。傷の治りも良いといった点からも、手術を受けやすいというメリットがあります。また、術後の傷の治りもよく、目立たない事から、言わなければ整形をしているとはばれないでしょう。あごのラインをキレイにしたいという事であれば、是非シリコンプロテーゼをおすすめ致します。

顎整形で気を付けたい入浴について

顎整形の中でも、気軽に手術が出来て、半永久的に効果の期待できるシリコンプロテーゼですが、術後に入浴をしても良いのでしょうか。シリコンプロテーゼは、皮膚や粘膜を切開して行う整形手術になります。ですので、術後に身体を温めてしまいますと、血流が良くなってしまい、あごの腫れが酷くなってしまう可能性があります。また、腫れる以外にも、血流が良くなる事で傷口から出血をしてしまう可能性がありまうので注意が必要です。万が一お風呂に入ってしまって、出血をしてしまいましたら、一度軽くガーゼで出血している部分を抑えましょう。そして、その後に氷やアイスノンを使って、患部を冷やすようにして下さい。術後の入浴に関しましては、美容整形外科で詳しく話をしてくれます。ですので、術後のトラブルを引き起こさない為にも、しっかりと話を聞きましょう。

顎整形後に気を付けるべき事とは

顎整形は、シリコンプロテーゼ施術を行った場合に、術後の副作用や合併症のリスクがあります。ですので、手術をする際には、気を付けなくてはいけません。特に気を付けなくてはいけないのが、術後に顔が腫れやすくなるという事です。麻酔を使っていますので、どうしても顔全体が腫れてしまうように見えてしまいますが、実際に貼れているのは顎付近のみです。ですので、大きめのマスクをすれば十分に顔を隠すことは出来るでしょう。ですが、どうしても気になってしまうという事であれば、きちんと前後に休みを取ってから整形手術を受ける事をおすすめ致します。顎の腫れは個人差にもよりますが、1週間程度は掛かります。ですので、マスクなしでも違和感を感じなくなるまでに、少し時間が掛かるという事を理解しておきましょう。顎整形は事前にスケジュールを確認して施術を受ける事をおすすめ致します。