顎整形をリスクなしで受けるには

どんな整形にも、リスクは伴います。ですが、どんな手術方法を選ぶかによって、リスクを最小限に抑えることは出来ます。特に顎整形には、色んな手術の方法がありますので、その中でも出来る限りリスクを抑えたいという場合には、ヒアルロン酸の注射を行う様にしましょう。何故かと申しますと、ヒアルロン酸自体が元々体内にある成分です。ですので、注射を行う事でアレルギーを引き起こすといったトラブルがありません。また、施術前にしっかりとカウンセリングを行う事で、一回の手術で注入するヒアルロン酸の量を調節する事が可能です。ですので、引き締まったフェイスラインを手に入れたいという人は、是非ヒアルロン酸を使った顎整形をおすすめ致します。注射針を使って施術個所を注射するだけですので、傷跡も目立ちません。整形手術を行ったというのを知られたくない人にもおすすめですよ。

ヒアルロン酸注入で顎整形を行う時に気を付ける事

ヒアルロン酸注入で顎整形を行う時には、気を付けなくてはいけないことがあります。それは、施術が終わった後のマッサージです。自宅でマッサージを行う際には、注入部分に触れないように気を付けなくてはいけません。何故かと申しますと、注入をしてまだ間もない時にマッサージを行ってしまいますと、その事が原因で腫れを引き起こしてしまう可能性があるからです。しかも強めにマッサージをしてしまいますと、注入したヒアルロン酸が移動してしまう可能性があります。そうする事で、ヒアルロン酸が周囲に広がってしまい、せっかく注入したのにもかかわらず、失敗してしまう可能性が出てきてしまいます。ヒアルロン酸は、1週間程度経過すれば問題ありませんので、それまでマッサージを行う際には、細心の注意を払う様にしましょう。仮に腫れなどが出てきてしまったら、直ぐに病院に行くようにして下さいね。

ヒアルロン酸を使った顎整形の注意点

顎整形には色んな種類があります。その中でもヒアルロン酸を使った注射の手術は、リスクも少なく、アレルギー反応が起こりにくいという事から、人気のある手術です。ですが、手術を行う以上、安全とはいえリスクも多少あります。それは、内出血です。注射針を刺す際に、どうしても顎の細い血管にあたってしまいますと、その事が原因で内出血を引き起こしてしまう可能性が出てきます。酷い場合ですと、2週間程度は内出血が引かない可能性もありますが、ヒアルロン酸を使った整形手術は、基本的に手術後当日からメイクをして問題ありません。ですので、万が一内出血を起こしてしまったら、マスクで隠すか、化粧をして隠すようにしましょう。また、内出血を起こしてしまいましたら、血液循環が良くなるような事は避けましょう。サウナや激しい運動をしてしまいますと、余計悪化させてしまう可能性がありますよ。